西伊豆まきば-まかない日記

2022.10.25

「静岡新聞」静岡県観光協会 海外マーケティング インバウンド コラムへ 女将登場✨旅行 格安 伊豆半島 温泉 宿泊 民宿 旅 西伊豆町 宇久須



西伊豆町 堂ヶ島温泉郷*うぐす温泉 海岸近くに建つ【天然温泉の宿泊施設】

「地魚料理」と噂の「美人の湯」が自慢の1日 最大6組限定の小さな格安宿、

料理の美味しい宿として評判ご愛顧いただいてます。


民宿 四季の里「まきば」スタッフbiroです。( https://www.izu-makiba.com/about )

本日の静岡新聞 夕刊に 当館女将が登場…、



お話は2019年秋に遡る…

[静岡県観光協会さん海外旅行マーケティング課コラム]

少し現場の状況がうまく伝わっていない箇所はありますが

だいたい コラム記事のような感じでの おもてなし…、

2019年 9月シルバーウィーク3連休中日の日曜日15時過ぎ…

当館は満室🈵、突然玄関に新規のお客様、

「お腹が減って飲食店を探しているが こちらではお昼ご飯は食べられるか?」

英語とドイツ語と身振り手振り…、

そしてスケッチブック、

(スケッチブックには日本人が書いたと思われる行き先や訪ね方などの日本語とドイツ語)、

『こちらは宿泊施設で飲食店ではありません』っと英語で対応したが…

自分の拙い英語では伝わらなかったようで…

ドイツ語の翻訳アプリを使う。

今の時間だと 近隣の飲食店は中休みで

コンビニエンスストアしかないっとお知らせしました。

お客様は 名残惜しそうに駐車している車に戻ろうとした👋、

こちらも このままこのお客様をお昼ご飯難民にさせてなるものか

(お昼ご飯 探しの旅w) 伊豆を不安で彷徨わさせてわならない…っと

頭をよぎった、、

女将に『お客様を引き留めておいて その間に おむすび🍙か何か作るから…』

そして10分後 無事におむすび(おかか·鮭·わかめ)と生姜の佃煮·お新香、

英訳の伊豆観光パンフレットをお渡しすることが出来た。



車中か海岸で召し上がったのだろう?20~30分後、

お客様が御礼で玄関へ すでに時計は16時頃…

本日のお客様 ご夕食調理は終盤戦 自分は調理場から離れることは出来ない。

お客様の対応は女将に全て任せることとなる😨、

そこへ救世主😄✨常連のお客様 ドイツに赴任歴もありドイツ語が話せる

もうすでに 玄関で笑顔で話をされている…(笑)

通訳を買って出ていただき

「おむすびが美味しかったので こちらに泊まりたい」 っと話していらっしゃる、

女将は『今夜は満室で泊まることは出来ないのですが、

明日なら泊まることができる』っと通訳していただいき、

翌日から…、

https://www.facebook.com/nishiizu.makiba/photos/2650173101699857

2泊3日 伊豆観光の拠点として 当館をご利用いただきました。

滞在中、この土地のお話や日本食についてなど翻訳アプリを用いて談笑、

様々な交流ができました。その時の1枚がこの新聞コラムにもなった写真です。



Bergご夫妻の滞在時談
当館へ飲食店を探しに来られた時にはすでに数件の宿泊施設に断られていたそうです
とりあえず お昼ご飯を食べようと数件の飲食店も廻ったらしいが中休憩だったようで
たまたま お客様の出入りがある飲食店みたいな所だからっと寄ってみたそうです、
そしたら おむすび🍙を食べなさいっと女将が笑顔で送り出すしw
御礼を言って去ろうと思ったら 救世主もいた‼️w



今思えば 沢山の奇跡がおり重なった出来事でした

「おダシの取り方 味噌汁の作り方などを教えて」っとお願いされ

女将は ゆっくり丁寧に 調理場で実践を交え教えていました。

ご当地の特産品『かも風鈴』をドイツに広げたく プレゼントさせていただきました。

インバウンドのお客様は サッカー日韓W杯以降 徐々に増え

ひとり旅の方やカップルさんやグループ旅行など 受け入れて来ましたが、

海外の方をお見送りする際は また違った思いがあります。

もう一生 出会うことはないのかもしれない。

そういう気持ちに似た思いもあります。

まだ感染症が世界的な大流行を起こしてしまう

ほんの少し前、

2019年9月16日~19日 ほんの小さな出来事、

平和で旅情あふれる まるでドラマみたいな出来事だった。

そんなお話は 3年を経て現在 またこうして記事になるとは思わなかったです。

[小さな宿の小さな物語、]

このような奇跡が起こったのは

普段より まきばに関わってくださる沢山の利用者様、親戚、近所の方達、友人、

全ての人々あってのことだと思います。

この場を借りて 御礼申し上げます。いつもありがとうございます。

当たり前でない日常に感謝し…

本日も正直に笑売😊元気に営魚(業)🐟️中✨
同じ空の下~☆今日もありがとう♪

© photo biro
@hiroto_iyama © photo biro
居山博人

居山博人


#伊豆半島#伊豆#izu#izupeninsula#伊豆旅行#伊豆たび#ワーケーション#旅行
#旅行好き#旅好きと繋がりたい#リフレッシュ#女子旅#温泉旅行#静岡#西伊豆いいね
#堂ヶ島温泉郷#海のある暮らし#海のある風景#全国旅行支援
#ツーリング好きな人と繋がりたい#旅行好きな人と繋がりたい#飯テロ#まかない#静岡新聞
#静岡県観光協会#インバウンド#ドイツ#deutschland#コラム#ドラマ
© 2022 hiroto iyama All Rights Reserved.

カレンダー

«1月»
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     

館内インターネット接続 Wi-Fi(無線LAN形式)です*客室のテレビ 衛星放送受信 *館内すべてのトイレ🚻が温水洗浄付き便座への変更トイレ付のお部屋も有*外壁をリニューアル塗装しました*… これもひとえにお客様のご愛顧の賜物と衷心より感謝致します。創業50周年(2019年7月15日)を迎えましたPayPay(キャッシュレス スマホ決済)・全客室へ空気清浄機導入。今後もお客様に満足していただける様 スタッフ一同、日々試行錯誤しながら邁進します。全てのお部屋畳替えとふすまのリニューアル完了。全室禁煙喫煙場所:玄関ロビー・お食事場所にて喫煙できます。

西伊豆うぐす温泉宿 四季の里まきば LINE公式アカウント

当館案内

 西伊豆うぐす温泉宿
         四季の里「まきば」
 TEL: 0558-55-0622
 mail: info@izu-makiba.com
 〒410-3501
 静岡県賀茂郡西伊豆町宇久須245-1
 当館名前の由来やスタッフ紹介、
  その他概要はこちらにて紹介しております。


台風15号19号・東北地方太平洋沖地震・関東/東北/西日本豪雨・熊本地震の被害を受けられた地域の皆様に心よりお見舞い申し上げます、犠牲になられた多くの方に哀悼の意を捧げ、大切なご家族をなくされたご家族の方々には心よりお悔やみを申し上げます。一日も早い復興をスタッフ一同心よりお祈り致します。

まきば instagram

 まきばfacebookページ

 スタッフtwitter

西伊豆宇久須温泉1日 最大6組限定の小さな宿 四季の里「まきば」ソーシャルアカウントfacebookページ

ふじのくにエコショップ宣言 西伊豆宇久須温泉1日 最大6組限定の小さな宿 四季の里「まきば」 ページ



 

遂にYouTubeデビュー!!
ご利用いただいたお客様が
当館を
YouTube動画で紹介して下さってます。
[Meloncito Journey]チャンネル